引っ越しのサカイ 見積もり

引っ越しのサカイに決めた訳

当時、妊娠八ヶ月で、私が住んでいる地域はまだ少し肌寒さが残る季節でした。

 

出産前に引越しを終わらせてしまいたくて、かなり急いで引越し準備を行っていました。

 

業者さんは2カ所見積もりをお願いして、2カ所目の引っ越しのサカイさんに依頼しました。

 

1カ所目より少し安くしてもらえたのと、見積もりにいらした引っ越しのサカイの方がとても丁寧に説明をしてくださったので、安心して任せられるのではないかということで決めました。

 

当日までにまとめきれなかった荷物も、引っ越しのサカイの方達が手伝ってくれました。

 

壁や床を傷つけない為のマットをつけるのも、家具などを運ぶのも早くて驚きました。

 

妊娠中の私は、新居でのベッドの組み立てがすごく憂鬱でしたが、すべて業者の方がやってくれていて、感激でした。

 

最後までとても丁寧に荷物を運び入れてもらえて、無事に引越しを終えることができて良かったです。

 

当日までに、引越しをする夫婦や、家族で役割分担をあらかじめ決めておくと、スムーズに進むのではないかと思います。

 

当時、私たちは夫婦2人での引越しが初めてのことだったので、あたふたしてしまい、業者さん達の邪魔ばかりしてしまったような気がします。

 

何人も同じ場所にいるのではなく、例えば、1人は業者さんより先に出て新居で迎える準備をし、1人は業者さんと一緒に出て新居への道案内をし、1人は残って軽く掃除や、忘れ物の確認などを行う。

 

と言うように大まかにでも役割を決めておくと、当時の私たちの様に無駄に慌てることもないのではないかと思います。

 

一人暮らしのときはクロネコヤマト単身パックプランで簡単に引越しが終わっていたから、甘く見ていたのを反省しました。

 

小さなお子さんがいらっしゃる場合は、前日または当日の早い段階で預かってくれる方や一時保育を利用することをお勧めします。